マンション投資のリスク|マンション投資ナビ

マンション投資・経営って? 生命保険代わりとして 節税対策メリット 都内マンションのススメ 安心の賃貸 資料請求・お問い合せ
トップページ 物件のご紹介 購入シュミレーション オーナーの声 マンション投資のリスク Q&A集 セミナー情報

セミナー情報

資料請求

これだけは知っておきたいマンション投資・経営のリスク

マンション投資は低リスクの投資と言われていますが、事前に知っておかなければならないリスクも存在します。逆にどれだけ上手にリスクを回避するかポイントを押さえておけば、失敗しないマンション投資・経営ができるはずです。
長期間の空室リスク 詳しくはこちら マンションオーナーにとって空室が続くと家賃収入が得られず、投資効果も得られないため、非常に損な状況です。また、税金の支払いなど含めると収支がマイナスになってしまうこともあります

空室リスクは、マンション投資を行う上で、最も発生しやすいリスクであると言えますが、空室リスクをうまくコントロールすることが出来れば、マンション投資の成功へ近づくはずです。
家賃の滞納リスク家賃が滞納する場合も空室の場合と同様、投資効果が下がってしまいます。ましてや何か月も滞納が続いてしまえば想定した利回りが実現できず、ローン返済計画にも影響してきます。家賃滞納リスクを回避するには入居前後の審査をしっかり行い、常習化を予防することが大切です。
建物老朽化リスク一般的にマンションの寿命は木造アパートの法定耐用年数が22年、鉄筋コンクリート造マンションの法定耐用年数が47年と言われています。平成10年の税制改正により、建物の減価償却の方法が定率法から定額法へ変更され、また、法定耐用年数は60年から47年に短縮されました。
株式会社奥田がご提供するマンションは24時間365日体制の緊急時対応に加え、巡回管理、定期メンテナンス、清掃管理(環境管理)ほか、万全のサービスで大切な物件の資産価値をお守りしています。
家賃下落リスク 近隣の賃料相場より割高の場合や経年によって賃料を引き下げないと借り手が見つからない場合がありますが、好条件のマンションに限るとその家賃はほとんど下がっていないのが現状です。
好条件とは駅近くの好立地やテーマパーク・大型商業施設が近い、物件のグレード・メンテナンス等を指します。これらの要素を考えるとやはり都内の物件がマンション投資をする上では有利な条件だと言えるでしょう。
資料請求
資料のご請求 メールフォーム 無料相談 Q&A集
COPYRIGHT (C) MANSION TOSHI NAVI,ALL RIGHTS RESERVED.